Category Archive:未分類

バイエルのED治療薬であるレビトラは、シアリスバイアグラにはない特徴から根強い人気があります。

性的な刺激を受けた脳からの指令により、ペニス内の血管を拡張させ、
勃起を起こす成分が存在しますが、この成分がPDE5という酵素の働きにより破壊されてしまうのがEDの状態です。

レビトラの有効成分、バルデナフィルはこのやっかいな酵素の働きを阻害することで、健常な勃起をサポートします。
この点はシアリスバイアグラと同等ですが、レビトラの最大の特徴は、効即効性の高さです。
服用から効果が出るまでの時間は最短では15分ほどとされています。
行為にいつ発展するかわからないようなシーンでも、余裕を持てるのではないでしょうか。
また食事やお酒の影響を比較的受けにくいED治療薬ですが、
より確実な効果を求めるのであればやはり、なるべく空腹の時に服用をするのがよいでしょう。
効果の持続時間は、20mgの成分量では8時間から10時間ほどなので、
ちょうどシアリスより短く、バイアグラより長い持続時間であると言えます。

多くの開発コストがかかっている先発医薬品ゆえにレビトラは高額なうえに保険が適用されず、
処方を継続してもらうことは大きな負担と感じるかもしれません。
しかし現在では優れたジェネリックを海外通販サイトから購入をすることが可能です。
これはレビトラのコストに頭を抱えていた方には朗報ですね。
ジェネリックの中でも人気のものに、バリフという薬があります。
レビトラ同様有効成分はバルデナフィルで、即効性に優れ、
バランスの取れた効果を期待することができます。

さらにバリエーションとして、フルーツ味のゼリータイプで水なしでも服用しやすいバリフゼリーがあり、
こちらのバリフゼリーもメーカーでの製造が追い付かずに品切れとなるほどの人気があるのです。

 

 

朝霞の居酒屋、秋元はたまに行きたくなるお店のひとつ。
郊外の居酒屋の雰囲気は好きですね。

akimoto

 

カルビ、何気に珍しい居酒屋メニュー。

 

 

 

 

 

 

 

akimoto2

 

 

レバ串あぶり(炙り少な目で・・・・)。

 

 

 

 

 

 

akimoto3

 

カレーとバターロール、珍しい。

良いか悪いかはさておいて、毎日のようにお酒を飲むという方も珍しくはないと思います。
かく言う私も飲まない日のほうが少ない人間の一人ですが、やはり次の日への影響は常に考えてしまいます。
二日酔いでの後悔はお酒を飲む方なら誰もが一度は経験したことと思います。

体内に摂取されたアルコールは、アセトアルデヒドという有害物質に変わります。
このアセトアルデヒドを分解する能力以上にアルコールを摂取してしまった場合、
体内に蓄積したアセトアルデヒドが様々な二日酔いの症状を引き起こすのです。

以前も二日酔いを予防するのに効果的なサプリメントとしてハングオーバープリベンションを紹介させていただきました。
このハングオーバープリベンションは、飲酒の前後に2錠づつを飲むことで肝臓の代謝を強化、
有害物質アセトアルデヒドの排出を促し悪酔い、翌日の二日酔いを強力に抑えてくれるサプリメントです。

 

二日酔いの予防には飲む前に食べるカレーが効果的とも言われていますね。
カレーに多く含まれているターメリック、つまりウコンは二日酔い対策のドリンクなどでもおなじみです。
先日はカレーの街下北沢を代表するような人気店、般゜若(パンニャ)へ行ってきました。
なぜおしゃれ系のカレーはサラサラしたスープっぽいカレーが多いのでしょうか・・・。
長年の疑問です。

pannya

短小がコンプレックスという男性は意外と多いようで、
様々な種類のペニス増大、精力増強サプリメントが流通しています。
その中でも人気のサプリメントをふたつほど紹介させていただきます。

ひとつめは、サプリメント大国であるアメリカ、LEADING EDGE HEALTH社のボリュームピルズです。
L-アルギニン、L-リシン、マカ、亜鉛、ムイラプアマ、ホーニーゴートウィード、カツアバ、西洋サンザシ、カボチャ種子など、
男性の精力増強や滋養の強壮にとって重要な成分がこれでもかと含まれています。
これらの成分が、ペニス内部の海綿体への血流を改善し、
たくましいを勃起を促すだけでなく精子の量を増やしたりペニスの増大効果もあります。
近頃は耳にすることも多いL-アルギニンという成分ですが、
これは天然のアミノ酸で精子の増量には特に効果的とのことです。
精子、精液を増やせば性機能全般の向上が期待できますが、
具体的には、性欲、感度、勃起力の向上があげられます。
服用の方法は、1日1錠または2錠を服用するだけです。
食後などの、毎日同じ時間に服用することが推奨されているようです。

さて、もうひとつは同じくアメリカのEyefive社のビリリティピルズです。
こちらはアメリカでは15万人以上もの愛用者がいるペニス増大のサプリメントです。
ムイラプアマ、濃縮大豆タンパク質 、ヨヒンベ、ダミアナ、イチョウ、高麗人参、ハマビシハーブエキスなどが成分となっていますが、
前述のボリュームピルズとはまた違った成分になっていますね。
服用の方法はボリュームピルズとほぼ同様ですが、
ビリリティピルズにはホルモンのバランスを整える効果もあり、疲労回復にも有効なようです。

どちらのサプリメントも天然の成分だけが原材料であるため、副作用の心配はほぼありません。
サプリメントは医薬品のような劇的な即効性はありませんが、
副作用もなく継続すること安全に効果を得られるという点はメリットと言えるでしょう。
バイアグラなどのED治療薬と併用して服用されている方も多いようです。
その人気ゆえにコピー品が多く出回っているという情報もありますので、
信頼できるサイトから購入することが肝心です。

 

 

下北沢でお気に入りの焼き鳥、てっちゃんへ行ってきました。
鴨アブラとラムの串が個人的なオススメ。
ホッピーは金宮がデフォルト(ナカが多い)です。

再開発の進む下北沢の街中にあって、懐かしい雰囲気を感じさせてくれるお店です。

tecchan

tecchan2

4大疾病とは「がん」、「心臓病」、「脳卒中」、「糖尿病」とされていますが、
近年ではさらに「精神疾患」を加えて5大疾病とされています。

そんな精神疾患の中おいて、現代特有の心の病とも言えるうつ病。
現代社会の抱えている問題のひとつです。
増え続けるうつ病患者は、不況の年であり、消費税増税も行われた1997年あたりから増加の一途を辿っています。

うつ病の原因は多岐にわたりますが、やはり精神的ストレスが大きな原因のひとつとされています。
特に、
・几帳面。
・〇〇しなければと考えてしまう。
・人と競うことが好きで負けず嫌い。
・こだわりが強く頑固。
・完璧主義。
・自分はダメな人間であると思っている。
・悲観的な妄想をよくする。
・何に対してもハッキリした答えを求める。
・責任感が強い。
・関係のない事柄も、自分のせいだと思ってしまう。
・アドバイスが素直に聞けない。
・自己の評価を気にしすぎる。
・誰からも好かれようとする。
・人の意見につい合わせてしまう。
・ストレスに弱い。
・理想が高い。
・なんでも器用にこなせると思っている。

このような特徴が多く当てはまる人ほどうつになりやすいと言われています。

また、イギリスの精神病理学誌の発表では、
インターネットの利用が過度な場合も、うつになりやすいと言われています。

うつ病は、精神面、身体面での症状があります。
精神面では、
・気分が落ち込み、訳もなく悲しくなる。
・やる気が起きない、何も面白くない、性的な関心、欲求の低下。
・集中力、決断力の低下。
・焦燥感。
身体面では、
・不眠あるいは睡眠過多
・食欲の低下あるいは増加
・疲労感、倦怠感
・勃起障害、生理不順
・頭痛、腰痛
などが挙げられています。

異常を感じたら早めに医師に相談することが大切です。
適切な治療を受け、原因を取り除くことでうつ病は治すことができるのです。

 

 

日本酒スタンド酛(もと)。
新宿で日本酒飲むなら私はここです。
雰囲気のいい立ち飲みです。

moto2

ポテサラが美味しい店は何を注文しても美味しいと思います。
下は羊の焼きカレー。

moto

サイコパスという言葉は、近年ではアニメや漫画、映画であったり、ネットなどでも登場し、
聞いたことがある方も多いかと思います。
どのような存在なのかをまとめてみました。

まず初めに、サイコパスは、反社会性人格障害や精神病質などとも呼ばれていて、
これらを一言で言えば「善意を微塵も持たない人間」となります。
日本においては全体のおよそ1%とされていますが、欧米においてはおよそ4%と言われています。
また、弁護士や医師、CEOなど高度な職業や地位の人間にサイコパスが多く存在すると言った報告もあります。

その特徴的な行動には、極度の自己中心性、攻撃性、衝動性、嘘を平気でつく、人間的な感情や情緒の欠落、などがあります。
この他にも健常者では到底理解が及ばない、異常とも言えるような行動が見られます。
このような性質から、犯罪者となるケースが多く、日本では、
埼玉連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤、大阪池田小無差別殺傷事件の宅間守、
神戸連続児童殺傷事件の少年Aなどがサイコパスではないかと言われています。

サイコパスがサイコパスたる原因ついては解明ができないようですが、
先天的な頭脳構造の欠陥によるものが有力な説とされています。
また、治療、更生の方法も日本は専門家が少なく、明確な治療方法が確立されていませんが、
日常生活の過ごし方を少しづつ変えていく、行動療法という心理療法が治療法として注目されています。

もしあなたの周りにサイコパスが存在していた場合、
対処法として最も重要なのは、とにかく一切の接触や関係を持たないようにすることです。
他にも、録音などを用いて矛盾や嘘を追求する、といったことも撃退方法としてありますが、
不用意に刺激をしてしまうことで標的にもされかねません。
やはりそれ以前の接触を絶つ事が、サイコパスの脅威から逃れるためには大切です。

 

 

こちらは成城学園前の角打ちワインバー、ストンウェル
ワインのセレクトよし、フードの味よし、お店の雰囲気よし、お気に入りです♡

stonewell

ミモレット、レッドチェダー、ブルーチーズかな
ワインと相性抜群ですね

 

 

 

 

 

stonewell3

 

おつまみ盛り合わせ
キッシュが特に美味

 

 

 

 

 

 

stonewell4

 

鶏肉のオリーブ煮
ごちそうさまでした( ◠‿◠ )

 

 

 

 

 

現代は飽食の時代です。
恵まれた日本では、ありとあらゆるグルメを楽しむことができますし、
美味しいもののことを考えたり、食べたりすることが大好きな方は多くいらっしゃるでしょう。
そのような部分を抜きにしても、
人間が生命を維持するうえで非常に重要な「食べる」という行為。
その食べるという行動に、なんらかの異常をきたしてしまう状態が摂食障害です。
摂食障害は拒食症、そして過食症に分けられます。

拒食症は若年の女性が大半を占めています。
字が示すとおり、食べることを心身が拒んでしまう障害ですが、
症状が極端である場合は、もちろん生命に危険が及びます。
栄養失調や脱水症状、必要な筋肉の減少、骨や歯も脆くなってしまい非常に危険です。
女性の場合は生理が止まってしまったりとなど、生理不順の原因ともなります。
さらに深刻な症状の場合は、食べ物を食べたとしても意志とは関係なく体が拒絶してしまい、
おう吐により排出してしまいます。

拒食症の原因はいくつかありますが、
軽い気持ちで始めていたはずのダイエットが異常なまでにエスカレートしてしまった場合や、
他人の言葉や自身の思い込みなどから、自分は肥満で痩せなければという強迫観念を持ってしまう場合などがあります。
拒食症が女性に多い理由は、男性に比べて外見を気にする傾向が強いからでしょう。

続いて過食症ですが、
こちらも字のとおり、過剰に食べてしまう障害ですが、重篤な場合は大量の食べ物を短時間で食べ、
下剤やおう吐やなどで排出してから再び暴食を繰り返すような行動が見られます。

おう吐は胃液の強力な酸で食道が荒れたり歯など口腔環境にも悪影響を及ぼします。
また拒食症も栄養バランスの偏りや栄養失調、生理不順の原因になります。

過食症の原因で最も多いのは、食事によるストレスの発散が異常にエスカレートしてしまったケースや、
無理なダイエットの反動です。

稀代の歌姫である、カレン・カーペンターは拒食症を患っていたことで有名でしたが、
晩年には拒食症と過食症の症状を繰り返していたようです。
このように拒食症と過食症の症状を交互に繰り返してしまう状態もあるようです。
カレンが若くして亡くなったことで、摂食障害というものが社会的に認知され始めたと言われています。

 

 

 

いっぱい食べる君が好き~♪
ラーメン二郎は半年に一度くらい食べたくなります。
写真は二郎の中でも特に極太麺で有名なラーメン二郎府中店
店主さんは体調崩されたらしいけど大丈夫でしょうか・・・。

hutyujiro

ED治療薬の三大先発薬はバイアグラシアリス、あとひとつと言えばおわかりでしょうか?
そうです、ドイツのバイエル社が誇るレビトラです。
今回はそんなレビトラについてまとめてみたいと思います。

バイアグラに次いで開発されたレビトラは、
有効成分をバルデナフィルとし、勃起に必要な成分であるcGMPを破壊してしまう酵素であるPDE5を抑制する効果があります。
この点は他のED治療薬と同じなのですが、最大の特徴として、
最高血中濃度に達する時間(効き始めの時間)が早い場合で15分程度と、バイアグラシアリスに比べ高い即効性があります。
また、食事の影響比較的を受けにくいのも特徴です。
ただしより強い効果や即効性を求めるのであれば、空腹時に服用するのがベターです。
効果の持続時間は、20mgの成分量で8~10時間程度とされています。

どのED治療薬も、服用しただけで勃起が起こることはなく、性的な興奮、刺激を得ることで勃起が得られます。
レビトラもあくまで、勃起を補助する医薬品です。
1日1錠という用量用法は守り、24時間以内での連続服用は避けましょう。
効果が少ないからといって、大量に服用をしてしまうことは危険です。
また副作用として、めまいや頭痛、動悸などを起こすことがあるので、服用の際は自動車の運転などは控えましょう。
また、バイアグラと比べると併用禁忌薬は多いので、他の薬を服用している方は注意してください。

しかし、総じてバランスに優れたED治療薬なので、クリニックなどではバイアグラシアリスよりもまず最初に勧められることが多いようです。
他の治療薬では治療できなかったEDにも効果があったという報告もあります。
ジェネリックも多く存在し、リーズナブルなバリフジェビトラなどは人気があります。

 

 

EDには食べ物も深く関わっているというのは有名ですね。
特に牡蠣は予防にいいみたいです。

新橋の魚金本店、おいしゅうございました♡
超有名店ですが、本店の実力(^q^)

uokinn

精神疾患の治療には、抗うつ剤を使用することが多くあり、 その種類も多種多様です。
それらは、SSRI、SNRI、NaSSA、三環系、四環系などと分類され、それぞれの特徴も異なってきます。
これらの抗うつ剤は、日本の国内ではほとんど販売されていないため、
医療機関から処方をされるか、海外通販などから購入をすることとなります。
先日はSSRIのプロザックについてまとめてみましたが、
今回は、SNRIであるエフェクサー(イフェクサーと表記される場合も)という抗うつ剤についてです。

まず初めに、SNRIは、セロトニンおよびノルアドレナリンの再取り込み阻害薬という意味である、
Selective Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitorsの頭文字の略になります。
エフェクサーの発売は2015年末と歴史も浅く、新しいカテゴリーの抗うつ剤です。
SNRIにカテゴライズされるエフェクサーも、日本国内では製造、販売ともに認可がなされていないために、
海外通販などから購入をすることとなります。

うつ病の症状は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質が減少することで現れます。
脳内のシナプスから放出されたこれらの神経伝達物質は、再びシナプスへと回収されます。
この再取り込みと呼ばれる働きを、強力に阻害するのがエフェクサーの有効成分であるベンラファキシンです。(※)

SNRIは副作用が起こりにくく、起こったとしても症状が軽いと言われていますが、
副作用としては頭痛、不眠、口内の渇きなどがあげられています。

同様の効果が期待できながら、リーズナブルなジェネリックには、ベンラーXRがあります。
(※)少量ではあるがドーパンミンの再取り込みも阻害するという研究結果もあります。

 

 

 

okusibu最近アツいと噂の奥渋エリア・・・・(; ・`д・´)
奥渋という言葉もここ最近出来た気がします。
情報社会は仕掛ける側と踊る側ってことでしょうか。
こじゃれたお店が多いですがそんな中ひっそりと佇む、
角打ち、丸木屋商店。
瓶ビールと名物の煮込み(たっぷり)で乾杯。
赤星があるのが嬉しいです。
日本酒もリーズナブル!

marukiya

統合失調症の治療で使用されることが多いエビリファイ、日本でも有名なメジャートランキライザー、つまり抗精神病薬ですので、名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。

統合失調症は、感情のコントロールすることができなくなったり、幻覚や幻聴をともなって現実の認識ができなくなる脳の情報伝達系の病気です。
エビリファイの有効成分、アリピプラゾールは、ドーパミンのバランスを整えることで、そのような状態を改善します。

統合失調症には、妄想、幻覚、興奮などの陽性症状と呼ばれる症状と、無気力感、閉塞感などの陰性症状と呼ばれる症状があります。
エビリファイはそのどちらに対しても改善の効果があります。
血液中の成分が半減するのにかかる時間である半減期は、60時間程度で、つまり服用後24時間以上は薬の効果が続きます。

また特筆すべき点として、うつ病や躁うつ病の治療にも使用されるので、広い守備範囲を持った抗精神病薬であると言えます。

副作用は他の抗精神病薬よりもかなり抑えられてはいますが、体重の増加、あるいは食欲不振による体重の減少と、体重の増減についてはネットでも所説あるようですが、個人差があるものと考えるのがよいでしょう。

統合失調症やうつ病など、様々な症状に対して効果を発揮するエビリファイですが、個人輸入代行サイトではアリップMTアリピゾルなど、成分は同一でもリーズナブルなジェネリックを購入できます。

 

 

新宿で好きなラーメンのひとつ、麺屋海神

〆のラーメンはしない方ですが
何故か翌日はあっさりbutボリューミーを体が欲しがります(´・ω・`)

kaijinn

前回は定番のむくみ取りであるラシックスをご紹介させていただきましたが、その続編的に。

むくみの最大の原因のひとつが体の中の塩分と水分です。
しょっぱいおつまみやアルコールをたくさんいただいた飲み会の次の朝は、むくんでパンパンだったりしませんか?
前回はラシックスという定番むくみ取りでの解消法をご紹介させていただきましたが今回は、
普段の食生活からむくみを防ぐにはといった趣旨です。

さて、繰り返しますがむくみの最大の原因は体の中の塩分と水分ですね。
これらを溜めないようにする、生理現象として積極的に体の外へ出してくれる効果のある食べ物や飲み物があるんです。
尿が出た分だけ水分とナトリウム、つまり塩分は体から排出されます。

まず利尿作用がある飲み物といえばカフェインを多く含んだものでしょう。
緑茶や紅茶や烏龍茶、コーヒー、ココアはもちろん、栄養ドリンクやエナジードリンクもカフェインを多く含んでいます。
ハーブティーや麦茶はカフェインが含まれていないので注意してください。

つづいては食べ物ですが、まずはメロン、スイカ、梨、大根、キュウリなどの野菜や果物が当たります。
これらは水分が多くていかにも利尿作用がありそうですが、
ホウレンソウや白菜、キャベツ、ジャガイモ、ゴボウ、柿、アサリ、海藻類、豆類などにも利尿作用があります。
やはり水分の多めのものといった印象ですが、実はそれだけではないのです。
これらの食べ物の多くに共通の特徴としてカリウムを多く含んでいることがあげられます。
このカリウムの持つ、体の中のナトリウムと水分の量を適切にコントロールする効果が利尿作用をもたらしてくれるのです。

今日からでもすぐに意識できる普段の食生活です。
むくみがあっても医薬品を使うほどでもない方、食生活を少しだけ見直してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

akimotoya西武沿線やきとんの雄、桜台の秋元屋へ♡
串ももちろん素晴らしく美味しいのですが
写真は塩角煮(^q^ )

風味絶佳にございます。

シャリキンのレモンサワーがすすみますな!